読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァンサンカン 2ちゃんねる 25ans 2ch セレブ エレブロガー

セレブなエレブロガー。25ansヴァンサンカンでは、ファッションや美容の最新ブランドアイテムやショップ情報、キャサリン妃をはじめとする世界のプリンセス事情やパーティスナップなど毎日配信中。

2ch 2ちゃんねる ヴァンサンカン 25ans

ファッション

ファッションとは、ある時点において広く行われているスタイルや風習のことである。なかでも特に、人々の間で流行している服装を指すが、装いに関係する装身具、美容(理容、髪型、化粧)、香水などもファッションの範疇である。さらに広義には音楽などの文化やライフスタイルまでをも包括しうる。「ファッショナブル」や「おしゃれ」といった表現は、ある人や物が最新の、もしくは最新ではなくとも評判の良い様式に沿っているか否かを指し示すのに用いられる。

一般に人は地理条件、性別、年齢、社会階層、職業、思想や嗜好等を反映した服装を着用するが、それと同時に文化的に影響力のあるステータスを持つ人々が何か新しい、もしくはそれまでと違った衣服を着用し、他の人々がそれに追随しはじめた時、ファッションの流行は始まる。服飾の流行は全世界的に見られるが、法律や宗教、道徳等による服装規範が相対的に緩く、服装の選択肢も広い現代の西洋的な市民社会においては、その変動は特に激しく、またそれらの流行を利用した衣料品産業が巨大産業を形成している。最新のファッションに盲目的に追随する人は「ファッショニスタ」(fashionista)とか、ファッション中毒等と呼ばれる。また、ロラン・バルトによれば、さまざまなファッションを着て見せびらかすという営為の体系は、さまざまなファッション文をファッションの文法を用いて組み合わせるファッション言語とも見做せる。

広告を非表示にする

エレブロガー セレブ ブログ

セレブとはどういった意味なのかを調べてみたところ、セレブ=有名人。また、裕福な人。転じて、高級そうなこと。

正確にはセレブリティ(celebrity)と言うそうですね。

さて、セレブを取り上げた雑誌にはどういったものが存在するのかを調べてみました。

その代表格が 25ans(ヴァンサンカン)です。

25ans(ヴァンサンカン)は、ハースト婦人画報社が発行し、講談社(2015年4月以降)が発売している女性向けファッション雑誌である。

「今の時代のゴージャスを体験するための情報を発信する、インターナショナル・ラグジュアリー・マガジン」をスローガンとし、「ラグジュアリー系雑誌」もしくは「ゴージャス系雑誌」の代表格として高い人気を持ち続けている。

特集のタイトルなどで、キャッチフレーズとして「エレガントな女性」を略した「エレ女」( - じょ)を用いている。

そんなエレガントな女性たちにおくるセレブでリッチなファッション情報誌「25ans(ヴァンサンカン)」では、編集長や編集部スタッフのリアルなレポートから、ビューティ・メダリストによる美容ブログまで、充実した内容で毎日更新中です。

■エレブロガー
行動力と紹介してくれるお店やアイテムの数々には脱帽もの。お仕事で、プライベートで、着る服に靴、訪れる場所、お店、イベント会場。そして食べるもの、飲むもの、出会う人々、さすがのエレガント!

■ビューティ・メダリスト
ビューティ・メダリスト1期生から10 期生まで繰り広げる「メダリストブログ」。パワフルな活動を発信中。

■エレdog
ワンちゃんのファッションやグルメ、おでかけ情報など、エレdogの審美眼によって厳選されたトピックスを発信します。

■エキスパート
メイクはもちろん、ネイルやスパなどの美容関連から、ワインにいたるまで専門的な知識を有するエキスパートの方々が、様々なジャンルの情報からプライベートの情報まで発信中。

■編集部
25ans 編集長 十河ひろ美の「社交ブログ」をはじめとして、美容班の本音ブログ「ヴァンサンガン」。絶賛ゴージャス見習い中のエディターによる「裏ヴァン。2」。そして編集部からのイベントなどの情報発信もご期待ください!

【エレ・ブロガー大募集】

25ansブログで、新規エレ・ブロガーを大募集!
25ansオンラインで人気のブログコーナーに、エレ・ブロガー(エレガント・ブロガー)として、デビューしませんか?
エレブロガーに選考されると、貴重な体験ができる特典も!
詳しくはお問い合わせください。
※募集締切の場合もあり
http://blogs.25ans.jp/

 

ヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねる

 

 

社交界

社交界とは、王族、貴族、上流階級の名家などの人々が集い、社交(交流)する場のこと。

それゆえ、歴史的には、爵位や称号など勲章や地位を持たぬ者は、基本的には出席することができない集まりだった。

知的で洗練された会話や振る舞いをすることが求められ(国際儀礼第一級)、各国間での高度な外交や交渉事や、政治や経済の方向性や流れなどが、あたかも世間話のように決められている歴史的な場でもある。欧米では、社交界に初めてお披露目をすることをデビュタントと称する。

ヴェルサイユ宮殿などフランスの宮廷に起源を持つサロンが有名である。明治時代の日本でも社交界を育てるため、鹿鳴館が造られ、華族文化が開花した。現代日本においても、皇族、旧華族、名門家、政治家、高級官僚、財界人、各国要人(VIP)、外交官・大使、名士などが集う"社交界"があり、夜会(パーティー)などが催されている。

近年、セレブリティー(著名人、セレブタント、成金など)らが集うパーティーやイベント等が、ほぼ同義の意味で、多くのメディアで報道されたりするが別物である。

 

 

ヴァンサンカン 2ちゃんねる ヴァンサンカン 2ちゃんねる

広告を非表示にする

富裕層

富裕層とは、セグメンテーションのひとつであり、一定以上の比較的大きな経済力や購買力を有する個人・世帯を指し示す。

財産家、大金持ちを素封家(そほうか)という(『史記』貨殖伝より)。「素」はむなしい、「封」は領地。領地や官位を持っていないが、非常な資産を持っている者という意味。

RBCウェルス・マネジメント(日本語・英語)などの調査による富裕層の定義は、主な居住用不動産、収集品、消費財、および耐久消費財を除き、100万ドル以上の投資可能資産を所有する世帯としている。英語ではHNWI (high-net-worth individual)と表記する。2012年の統計によると、世界に約1100万世帯の富裕層が存在し、世界で最も富裕層人口を持つ国がアメリカで約306万世帯、2位は日本で約182万世帯である。また、3000万ドル以上の投資可能資産を所有する世帯を超富裕層 (Ultra-HNWI)と定義している。

野村総合研究所は、「超富裕層(世帯の純金融資産5億円以上)」「富裕層(同・1億円以上、5億円未満)」に分類した調査を報告している。この報告によると、2011年の富裕層マーケットの規模は76万世帯、純金融資産の総額は144兆円、超富裕層マーケットの規模は5万世帯、純金融資産の総額は44兆円である。また、団塊の世代の定年退職、および少子高齢化を背景とする遺産相続の増加に伴い、今後しばらくは富裕層マーケットが拡大していくという予想が示されている。

広告を非表示にする

英語のセレブ

 英語における「celebrity」という単語の使用が確認できる最古の文献は、14世紀のものである。基本的には、有名・著名である(名声がある)状態および、そういう人を意味する。一般的に、エンタテインメント界やスポーツ界の有名人を指すが、修飾語的に他の職業の有名・著名人(a celebrity chef など)を指すこともある。しかし、大衆向け雑誌や大衆向けテレビ番組では、有名人でかつ金持ちのことを指す傾向がある。このような雑誌や番組では、大富豪、俳優、スポーツ選手(プロフェッショナルやエリートアマチュアの)、スーパーモデル、作家などがセレブリティとしてよく取り上げられている。裕福だが有名ではない者は、セレブリティとは呼ばれない。また貧乏でも有名ならセレブリティと呼ばれる。例えば、インターネットセレブリティやYouTubeセレブリティと呼ばれ者たちは必ずしも裕福でない。また、有名な犯罪者の形容にも、この語が使われているのを見ることができる。famous(有名)という単語と比較すると、famous が fame(名声・声望)からなる良い意味での著名さを暗示しているのに対して、celeb は人が沢山集まる様子をあらわすラテン語 celebritas が語義であり「大衆の耳目を集める者」といったニュアンスでもう少し軽い[要出典]。古くはジェット旅客機で世界中を旅して回れる裕福な若者たちをen:Jet set、最近では一機数十億以上する自家用ジェット機で世界を飛び回る者は「ジェット族(Jet Setter)」と呼ぶ。映画などでは古く主演を張ることを Starring、主演者のことを Star と表現した。

文脈によっては侮蔑的な意味になるので、使う際には注意が必要である。これは有名人に「いよっ!有名人!」と呼びかけるようなもので、国王や大統領、あるいは宗教的指導者など大衆の敬意の対象となる人物をさして普通はセレブ呼ばわりはしない(有名人celebrityであることが社会において当然でありあえてceleb呼ばわりすることが失礼を感じさせる)が、プライベートに属する部分についてはセレブと呼ぶことがある。また、狭義においては、やっかみや侮蔑の意味を込めて、「有名でお金持ち」だが「実体のない人」を指す言葉として使われる。欧米のマスメディアでは、年末年始に celebrity of the year という特集が組まれることがあるが、この場合は「(その年の)話題の人」といった意味合いのことが多い。

リアリティ番組の「celebrity edition」(有名人編)などには、それほど有名ではない、いわゆるB級スターが出演するケースが多い。celebrity の中でも特に有名、あるいは人気が高い者を A-list celebrity または A-lister と呼び、そうでない者を B-list celebrity や B-lister と呼んで区別することがある。A-lister や B-lister という呼称そのものは業界を問わないが、特にエンタテインメント業界の者を指す傾向がある。なお、こういうリストが実在している必要はない。特定の地域のみで有名・著名な者は local celebrity と呼ばれる。また、昨日まで無名だった者がリアリティ番組などで急に有名になり、すぐにまた忘れ去られてしまうという現象を指して、15 minutes of fame と言う。

自分自身がエンタテインメント界、スポーツ界などで成功したというわけではなく、単に有名人の家族・友人であることで「別枠の人」扱いとしてセレブとされることがある。「あの有名人○○の家族・友人・代理人ect.として有名」の用法である。大統領や州知事、上下院議員の家族などはこの典型であり、このばあい実質的にはVIPとの区別はない。あるいはスキャンダルを起こすなどして「有名なことで有名」になった者がcelebrity扱いされ、その結果として映画やモデルなどの仕事を得る場合がある(パリス・ヒルトンなど)。

広告を非表示にする